【柿(かき)】 樹木.jp
カキノキ科の落葉高木。山中に自生し、また果樹として古くから栽植される。 雌雄同株。秋に多肉の液果を結び、熟して黄赤色となる。 甘柿と渋柿があり、甘柿には富有柿・次郎柿など多くの栽培品種がある。 渋柿は干し柿などにする。[季]秋。 (出典:大辞林 第二版 三省堂)

この花は何の木?

この果実は何の木?

かき

この木は何の木?
正解は写真をクリック

柿の葉寿司 - Wikipedia
一口大の酢飯に鯖や鮭などの切り身と合わせ、 柿の葉で包んで押しをかけたすし。 食べるに当たって柿の葉は剥がして食べる。

干し柿 - Wikipedia
干し柿(ほしがき)は、ドライフルーツの一種で、柿の果実を乾燥させたもの。 ころ柿(枯露柿、転柿、ころがき)、白柿(しろがき)とも呼ぶ。 日本、朝鮮半島、ベトナムなどで作られている。

カキノキ - Wikipedia
カキノキ(柿の木)はカキノキ科の落葉樹。 東アジアの固有種で、特に長江流域に自生している。 雌雄同株であり、5月ごろに白黄色の地味な花をつける。 果実は柿(かき)と呼ばれ、秋に橙色に熟す。


本サイトはリンクフリーです。 リンクするときは <a href="http://xn--4pv21e.jp/">樹木.jp</a> でリンクしてください。
©2004-2016 日本教育コンピューター(株) プライバシーポリシー・リンク・免責事項 お問合わせ